吃音(どもり・吃)克服体験談

6週間で吃音(どもり)を治す方法があります。

 <<吃音(どもり)を最短で克服するには>>

母からどもりへの挑戦状【愛する我が子をどもりから救う】

どもり(吃音)のはじまり

 

 

これは、子供のどもり(吃音)を治した
私の体験談です。

 

先日の記事で長女のどもり (吃音)の
お話をしました。

 

 

長女が、4〜5歳ごろ、第2子長男が誕生した
とたん,どもり (吃音) が始まった・・・・

 

その頃は、パソコンは勿論学ぶべきテキストが、
余り無く口コミや、体験者の方にいろいろと
聞いて回るより他ありませんでした。

 

 

でも、必死でしたね!!
可愛いわが子が、思うように喋れなくて苦しんで
いると思うと、不憫でなりませんでした。

 

 

後で気が付いたのですが、
どもる・ これには、予兆があったんです。
どもり(吃音)になる前に、長女が、発信していたんです。

 

 

例えば、最初はとても可愛がっていた、長男に
いじわるをしたり・・・

 

 

長男を、抱っこして近所の友達と話していると
急に、長男が泣き出して驚いて見ると、
長女が、ちょうど目の高さにある長男の
足を、がぶりと噛んだのです。

 

 

そのような、小さな出来事が、何回か起こりました。
この頃、長女が私たちに発信していたのですね?

 

 

「もう少し、私のほうを振り向いてよ!」・・・と。

 

これが、どもり (吃音) になる切っかけだと思いました。

 

 

「お姉ちゃんだから出来るよね?」
を、よく言っていたのも原因かも・・・。

 

 

が、その当時は、赤ん坊の世話で、手のかからない
長女の方には、余り向いていなかったのも事実です。

 

 

この信号にもう少し早く気が付いていれば、
どもり(吃音)を防ぐことが出来たかも知れません。

 

 

いろいろケースがあると思いますが、
長女の場合は、明らかに、
「自分に関心をもって欲しい」
から来ている”どもり”(吃音) だと判断しました。

 

 

それからと言うもの、私たち夫婦は勿論、家族
両親、実家の家族と、長く苦しい”どもり”(吃音)との
戦いが、始まりました。

 

   次は → 子供の吃音 ついに克服!!

 

 

1日わずか20分程度で6週間で吃音が治る! 




子供のどもり(吃音)のはじまり関連ページ

子供の吃音(どもり)体験談
吃音(吃音障害)で悩んでいる人は、日本だけでも100万人以上いるといわれています。 頑張って、どもり(吃音障害)を治そうとしても、頑固な吃音はそう簡単には治りません。 でも、吃音を治すとてもシンプルで、且つ、誰でも簡単に、自宅で楽しみながら実践できる効果抜群な、目から鱗の驚異的方法をお教えします。
子供の吃(どもり)を治す2つの大切な理由
吃音(吃音障害)で悩んでいる人は、日本だけでも100万人以上いるといわれています。 頑張って、どもり(吃音障害)を治そうとしても、頑固な吃音はそう簡単には治りません。 でも、吃音を治すとてもシンプルで、且つ、誰でも簡単に、自宅で楽しみながら実践できる効果抜群な、目から鱗の驚異的方法をお教えします。
子供の吃音 ついに克服!!
吃音(吃音障害)で悩んでいる人は、日本だけでも100万人以上いるといわれています。 頑張って、どもり(吃音障害)を治そうとしても、頑固な吃音はそう簡単には治りません。 でも、吃音を治すとてもシンプルで、且つ、誰でも簡単に、自宅で楽しみながら実践できる効果抜群な、目から鱗の驚異的方法をお教えします。
子供のどもりを改善して思うこと。
吃音(吃音障害)で悩んでいる人は、日本だけでも100万人以上いるといわれています。 頑張って、どもり(吃音障害)を治そうとしても、頑固な吃音はそう簡単には治りません。 でも、吃音を治すとてもシンプルで、且つ、誰でも簡単に、自宅で楽しみながら実践できる効果抜群な、目から鱗の驚異的方法をお教えします。

トップ サイトマップ プロフィール 吃音を最短で治すには